薬ミシュラン



レキソタンのページ



レキソタン


眠くならないサラリーマン向け強烈抗不安薬


カテゴリー

BZP系抗不安薬
マイナートランキライザー

日本での認可

1977年

薬価

8.60円(2mg)

開発/国内販売

F・ホフマン=ラ・ロシュ
/日本ロシュ

成分名

ブロマゼパム
(bromazepam)

概要


デパスと人気を二分する抗不安薬。

BZP系抗不安薬のほとんどは、飲むと眠くなる。仕事中つい居眠りをしがちになる。サラリーマンはそれではダメである。うつ病サ

ラリーマンがそんな症状を主治医に訴えると処方されるのがレキソタンだ。

BZP系抗不安薬が登場する以前は、バルビツール酸系睡眠薬が抗不安薬がわりに使われたことがあった。不安を解消するには

ダウナーにすればいい→鎮痛・睡眠作用の強い薬を、という発想である。抗不安薬は基本的にこの発想の延長線上で開発されて

きているから、効き目が強いものほど眠くなるという傾向がある。

ではレキソタンはどうかというと、これもかなり強力なダウナー系抗不安薬である。筋弛緩作用・抗けいれん作用・抗不安作用共に

強い。しかしそれでいて眠くならないシャープさを持ちあわせているのが画期的な特長だ。仕事で混乱した脳味噌を、さらにドヨ〜

ンと濁らせるのではなく、醒ましてくれる。「覚醒しつつココロが落ち着く」、まさにココロのアイスノン、ビジネススーツの内ポケットに

もっとも似合う抗不安薬だ。

通常処方される玉虫色のシート2mg錠ではいまいち効き目を実感しにくいが、オレンジラムネ菓子のような体裁の5mg錠となると

かなりヤバい効き目である。眠気=薬の効果と勘違いする人々が多いこともあって、人気の点ではデパスに及ばないものの、覚

醒しつつココロが落ち着くというこの薬の効果は悟りの境地にも似ているのではないか。オウム真理教は瞑想修行にLSDを使っ

たという話だが、レキソタンを出していたほうがよかったのじゃないかと思うほどである。

ところでうつ病の場合、健保適応される抗不安薬はセルシン・デパス・レキソタン・バランス・ハイロングの5つだけだ。本当はうつ

病以外にもカルテに書き込めば色々と薬を使うことが可能なのだが、医者はこの5つの中で間に合わせようと努力する。まず抗う

つ効果もあるデパスを処方し、眠いと苦情を訴えるとレキソタンに変更するのが定石だろう。


対象となる症状


(1)神経症における強迫・恐怖及び不安。

(2)うつ病における不安・緊張。

(3)心身症(高血圧症、胃・十二指腸潰瘍、過敏性大腸症候群、急性及び慢性胃炎における不安・緊張・抑うつ及び睡眠障害)。

(4)自律神経失調症における不安・緊張・抑うつ及び睡眠障害。

(5)麻酔前投薬。


飲み方


神経症・うつ病:1日6〜15mg、2〜3回に分服。

心身症・自律神経失調症:1日3〜6mg、2、3回に分服。

麻酔前投薬:手術前5mg


血中濃度


最高血中濃度時間:1時間。

血中濃度半減期:11〜28時間。


効き方


シャープな切れ味、抗不安薬のフリスクスペアミント。眠くならないので会社員の私は好んで処方してもらいました。デパス的なダウ

ナー感がない分、妙な使い方はできないが、覚醒しつつ脱力していく点で抗不安薬のコカインのような雰囲気。


その他


ここ10年ほどの間に精神科ほど外来患者の増えた科はなかろう。ちょっとしたビジネス街には「心療内科」という名の精神科があ

るのがあたりまえになってきた。ところで心療内科だが、食い詰めた内科医が鞍替えした場合も多い。

精神科生え抜きの良心的な精神科医なら、うつ病患者にリタリンなど滅多に出さないし、抗うつ薬トリプタノールの副作用の強さも

知っている。しかしこの内科出身の診療内科医は悲惨な臨床例を知らないのかホイホイ処方する傾向がある。

見分けるポイントは、精神保険法32条適応可能かどうかを尋ねてみることだ。「違う」とか「知らない」というなら、ナンチャッテ心療

内科である。


ゾロ薬


セニラン(小玉)





薬ミシュラントップページへ


おもしろい本トップページへ



トップページへ